2018/05/18 18:49

こんにちは。


先日、15日に新月を おうし座というサインで迎えました。
そして翌日の16日、84年ぶりに天王星が おうし座へ入宮しました。

84年といえば、現代人の寿命に相当する時間ですよね。

前回、おうし座へ天王星が移ってきたのは1934年(昭和9年)6月8日。
5月末に東郷平八郎が亡くなり、8月にはヒトラーがドイツの総統に就任するという、
世界情勢が第2次大戦へ向かって動いていった時期でした。

私の個人的な感覚でいうと、”昭和(戦争)から抱えてきた負の遺産を葬る時が来た”
おうし座の時期である、4月29日みどりの日は昭和天皇の生誕日でした。
激動と困難の時代を生きてきた私たちの祖父母世代が、今も生きていたら、戦争に触れず人生を語ることは恐らくないでしょう。
私の親戚にも、シベリアで捕虜となりながら生き長らえ、無事に帰還された方がいましたが、人生に話が及ぶと必ず捕虜だった頃のことを語ってくれたものです。
昭和40年代に生まれた私には既に、想像もつかない壮絶な“おとぎ話”のようでした。

戦火に遭ったほとんどの地域の庶民からすれば、突然の“受難”でしかありません。
「私たちがいったい、何をしたというの?!」「なぜ、こんな目に遭わなければならないのだろう?」…

現代の日本は戦時下にありませんが、個人の生活に焦点を当ててみれば、働けど働けど一向に暮らし向きが楽にならなかったりしませんか?
“氣づかぬうちに蝕まれていること”や“無意識にコントロールされている” ことも世の中には一杯あります。
無自覚でも何となく生きてられるし、ややこしいことに関わりたくない、これ以上状況を悪くしたくない…こんな本能的な安全欲求を脅かされれば大人しく言うことを聞いてしまうってこと、よくあると思いますし、心理や情報の巧みな操作などは今日日、日常です。

戦争のような凄惨さとは違いますが、やっぱり、“受難”

~習慣的な抑圧や意味不明な我慢からの解放~ これは、15日の新月を読んだ星読みメッセージのタイトルです。
∞infiity8 に本日upした “新月を浴びたアロマ”MoonlightBrendAroma
おうし座の新月バージョンに上記タイトルにちなんだメッセージを添えています。
毎回人氣のため、今回upする時点ですでに在庫1個となってしまいました^^;

不当に管理された現実に、無自覚なままでいませんか?
生来の自信を呼び覚ますことに強い力をくれる香りです。
※タイム・コリアンダー(香菜パクチー)・ジュニパー等のブレンドがベース

・本日中有効!クーポンコード 【 68NS5CMW 】


∞infinity8